第六感の無い自分がまさに体験してしまった結構あった怖い対話

当人は発想は収支欠けるのですが、一度だけ背筋が冷たくなる体験をしたことがあります。それは今から4時期ほど前のことでした。当時から釣りがはたしてマニアだった当人は、マグレ釣り場で知り合ったとある釣り人と周辺になり、一緒に釣りに行ったりしていました。その日、人類両者はとある防波堤で晩釣りをする事にしました。愛車をモータープールに止めて、防波堤まで駆け抜け太陽が沈む前に準備を整えて、談笑していました。太陽が暮れると共に釣りを通じて、目論見の大アジは釣れませんでしたが30センチほどのアジやサバが入れ食いになり、3期間ほどでエアコンはいっぱいになりました。道連れした自分は仮眠を取ると言って先に用品を仕舞い、愛車に戻ってしまいました。わたしはエサが僅か残っていたので続けて釣りを通じていたのですが、深夜に単独防波堤で釣りをするのはフランク意外と気分の可愛いものではありません。その時、運悪く使っていたヘッドライトの電源が切れてランプが何も無くなってしまいました。仕方なくスマフォの光線を代用していると、防波堤の根本から足音が近づいてくる。他の釣りお客様はいなかったので、道連れパーソンが目が覚めてこちらに来たのだろうと意思にもせずに看板を針につけていました。その間にもジャンジャン足音は近づいてくる。そうしてわたしから2メートルくらいの店まで来たときにはからずも光線で足音のしていた方を照らすと、そこには誰もいませんでした。気の力不足としては困難きちんと聞こえてきたのでおかしいと思いつつも、また釣りを続開しました。そうなるとまた同じように足音が聞こえてきました。次は正体を見ようと、瀬戸際まで自分も光線を照らさず待ち構えていました。そうして、すぐ側まで来た瞬間に照らしてみると…とにかく誰もいなかったのです。その後、さすがに気味が悪くなりすぐに帰ったのはいうもありません。自分で無駄毛処理するのに疲れたらこちら